Home

仮想通貨交換業廃業への経緯

2018-04-11
東海財務局より行政処分を受けた事実を公表

2018-05-22
齊藤治孝前社長の独断による多額の使い込みの事実を公開
警察、弁護士への相談事実を公開
役員を刷新し、役員変更を公開
(詳細)
・齊藤治孝前社長名義にて購入した、ポルシェの購入代金として740万円を齊藤前社長自身の銀行口座に振込みました。
・源平酒造株式会社の株式購入(齊藤治孝前社長個人名義)の名の下に、源平酒造株式会社の口座に振込むことを目的として役員会の意見を無視し、500万円を齊藤治孝前社長自身の口座に振込みました。
・接待交際費、会議費として、常識の範囲を超えた節度の見られない、数千万もの金額が齊藤前社長の乱雑な遊興への支払いに充てられていました。

2018-06-04
仮想通貨交換業の廃業を公開
齊藤治孝前社長の新たな使い込み事実を公開
(詳細)
・会社名義のクレジットカードを利用して高額なギター等の楽器類を購入し齊藤治孝前社長の私物化していました。
・齊藤治孝前社長の個人の毎月の家賃、水道光熱費、生命保険を会社の現金で支払っていました。
・齊藤治孝前社長の親族の方への仕送りを会社の現金で支払っていました。
・齊藤治孝前社長個人の過去の借金(当社設立前)を会社の現金にて返済をしていました。
・勤務実態のない社員が数名存在し、過去の給与未払い等の補填や、実際は自宅工事代金等の支払いの為、社員給与と偽って返済していました。
 虚偽で給与支給としていた為、当然ながら源泉徴収を行い納税義務が発生しますが、これらを履行していた事実もないため、現在税務署、労働基準局に相談をしております。
・齊藤前社長の知人への現金貸し付けを会社の現金を使用して貸し付け、未だ回収が完了していません。
・齊藤前社長の独断にてトヨタ ヴェルファイア・メルセデスベンツのリース契約を締結しておりましたが、新役員により契約解除を早急に行いましたが多額のキャンセル料が発生いたしました。
・社内に愛人女性の存在が発覚し会社の現金、会社名義のクレジットカードにてブランド品や特定個人への制服購入、マンション契約、家具一式、家電製品一式の購入が発覚しました。
 なお、愛人である女性社員は社内規定により懲戒解雇処分としました。

2018-07-09
仮想通貨交換業の全部を廃止する事を公表

現在
齊藤治孝前社長への刑事訴訟、民事訴訟の進行中。
齊藤治孝前社長への貸付金の一部6,800万円の連帯保証人である前社員(元愛人)女性への訴訟の準備中。

当社の公式発表は全てWEBサイトにて掲示させて頂いております。
当社、または当社役員、社員を利用した、また装った行為が存在する事実も把握しており、現在も警察と弁護士に相談中であります。
当社、または当社社員は仮想通貨交換業廃業後、一切の営利活動を休止しております。
十分にご注意下さいますようお願い致します。

ブルードリームジャパン株式会社